「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

学校給食週間

学校給食の歴史も120年となり、給食も栄養補給という考え方から食育へと変化してきています。1月24日を挟んだ週を全国給食週間として、学校ごとに地元の食材を使った給食やこども達が考えたアイデアメニュー、もう一度食べてみたいリクエスト給食など様々な取組が行われています。

d0122515_1743328.jpg

 ※橘小学校の1月25日の給食です(おいしそう)
そもそも、
 学校給食は、明治22年に山形県鶴岡町の忠愛小学校でおにぎり、焼き魚、たくあんといった昼食を子どもたちに与えたのが始まりです。
 その後、日本各地でも給食が行われるようになりましたが、昭和20年に戦争が終わった頃の日本では食料が不足し、たくさんのこどもたちが栄養失調や病気で苦しんでいました。
 そんな子どもたちのため、昭和21年12月24日、アメリカ政府から脱脂粉乳や小麦粉が送られました。そのため、12月24日を「学校給食記念日」とし、給食にたずさわる人に感謝の気持ちを表したり、給食を食べられることを感謝する日になりました。
 現在では、12月24日が冬休みにあたるため、1ヵ月後の1月24日の週(平成20年は1月21日から25日)を全国学校給食週間として、学校給食の役割や意義について理解と関心を深めるための取組みが行われています。


食事づくりには、多くの方がたずさわっています。
感謝の気持ちを忘れずに、食事が出来ることに幸せを感じていきたいものですね。

                                          食守3号
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-01-25 17:43