「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

もったいない!

最近もったいないと思うことが多い。
例えば、生ごみ・・・

昔は、畑に捨てて堆肥として再利用されていたが、今は畑がない家が増えてごみとして捨てられている。その結果、可燃ごみの量をみると10年前に比べて武雄市全体で2千トンも増えているようです。もちろん、以前はごみを燃やすことも出来たので一言では言えないですが。

そんなときに、佐世保市に人生をかけて生ごみを再利用し、おいしいお野菜を作っている吉田俊道さんの『生ごみ先生のおいしい食育』という方の本に出会いました。
先日も、食守1号さんが講演会に参加。有機農法でつくった人参ジュースは旬の時期を過ぎていたためあまりおいしくなかったようですが、有機野菜は、生ごみのパワーでおいしく出来るようです。

d0122515_1755508.jpg


詳しくは、6月30日午後1時半より北方公民館で講演会があります。
詳しい内容は、また後日お知らせします。


こんなにおいしそうなトウモロコシができるかも。

                                          食守 3号
[PR]
# by takeo-syokuiku | 2007-06-05 17:54
d0122515_17403429.jpg

みそのこうじづくりから1日おいて第2段階は大豆をふっくら煮て、すりつぶすのですが、今回は豪快にもちつき機ですりつぶしていきます。こうじには塩をまぜこみ、大豆を冷ましながら、混ぜ合わせます。大豆が熱すぎるとこうじがダメになるそうです。みそは生き物だと朝重会長に教わりました。
d0122515_1741759.jpg
みそは6ヶ月ぐらいで食べごろになるそうですが、会長いわく”はなくさい”のが好きな人は2-3ヶ月くらいから食べるそうです。
みそは食べる時期で味が変化するとは、なんて奥深い食べ物なんでしょう。ちなみにうちの子は朝食がパンのときも牛乳ではなく、みそ汁をいただきます。         食守2号
[PR]
# by takeo-syokuiku | 2007-06-04 17:52
d0122515_18152015.jpg
この会は名前のとおり”ふるさとの味”を研究して継承していくという会です。失礼ながら堅苦しいイメージをもってお伺いしましたが、とにかく明るく楽しい会でした。 
今日は”みそづくり”の第1ステップのこうじづくりに挑戦!何十升もある米ともち米を蒸して、手際よく広げ、うちわで冷まします。そして菌をいれてさらにまぜて、ねかせるところまで。1日あけてまた次のステップへ・・・ 手作りみそは本当においしいらしい・・ 楽しみです。



ふつ餅(よもぎ餅)づくりもしました。みなさん手際よく餅を丸めていらっしゃいました。そこで一言朝重会長より「みのうえしてくんしゃい。」 「はーあ!?」 昔からのことばでみんなで味見することのようです。足りないときは分け合ってでもみんなにいきわたるようにとのこと。大事にしたい言葉ですね。

d0122515_18169100.jpg


食守2号
 
[PR]
# by takeo-syokuiku | 2007-06-01 18:21

健康推進員さん栄養教室

ウォーキングや体操をして健康を推進していこうというサークルがあります。
平均年齢は6?才です。みなさんは月に何回か集まって、いろいろな活動をされています。
みなさんとっても元気はつらつとしていらっしゃいます。
今日はその方々の健康料理ヘルシークッキング教室でした。


d0122515_155722100.jpg

       メニューは4品ありましたがあっという間に出来上がりました。
       みなさん料理はお手の物です。男性もがんばってました。

d0122515_1691713.jpg

メニュー

麦ごはん
魚のピリ辛ソースかけ
もずくのスープ
わかめとそらまめのサラダ
ココナッツ白玉

おすすめはココナッツ白玉です。
ココナッツミルクの缶詰を使っています。
これからの季節においしい 南国トロピカル~ なかんじです。

レシピは↓↓
d0122515_1784064.jpg
d0122515_1785063.jpg
d0122515_17917.jpg


                                      食守 先生
[PR]
# by takeo-syokuiku | 2007-05-30 16:27

「孫は優しい?」

食育シンポジウムの中で、野口管理栄養士から『「マゴワヤサシイ」を食べましょう』 とお話があった。特に、和食や和え物をつくるときに頭に入れておくと便利ということでした。

どうも、これは子供の成長だけでなく大人も成人病を予防し、元気な脳を保つための秘訣でもあるようです。

「マ」 ・・豆類です。味噌・納豆・豆腐などは最高の栄養食品です。豆腐には突然死を防ぐマグネシウムがたくさん入っています。
「ゴ」 ・・ゴマなどの種子類です。成人病の元になる活性酸素の働きを抑えてくれるビタミンEが豊富です。
「ワ」 ・・ワカメなどの海草類です。新陳代謝を促進する甲状腺ホルモンの原料となるヨードが多くあります。甲状腺ホルモンが不足すると疲れやすくなります。
「ヤ」 ・・野菜です。ビタミン・ミネラルの宝庫です。特に旬の野菜は栄養価が満点で、お金も安いときていますので一石二鳥です。
「サ」 ・・魚です。人体内でつくれないアミノ酸を含んでいます。頭が賢くなると騒がれたドコサヘキサエン酸(DHA)も豊富です。
「シ」 ・・椎茸などのキノコ類です。キノコには免疫力を高め、ガン細胞の増殖を抑える成分が含まれています。
「イ」 ・・イモ類です。食物繊維やどタミンCがたくさん含まれています。


d0122515_17272117.jpg

 ※ 保育部会作成

■理想的な食事は昔ながらの和食にかかっているようです。

「マゴワヤサシイ」を読んでどう感じられましたか?『なんだ子供の時から食べてきたものじゃないか』と思いませんでしたか?
そうです日本人は古来より伝わってきた素晴らしい食事を捨てて、食べ物も欧米に見習ってしまったのです。

もっと、日本型食生活=和食を大事にしていきたいものですね。

                                 食守 3号
[PR]
# by takeo-syokuiku | 2007-05-29 17:28