「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

<   2008年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧


   なす入りカレーハンバーグ

d0122515_18113428.jpg


材料   4人分
合びき肉           320g
卵                1個
なす              120g
玉ねぎ             80g  
小麦粉            大さじ1.5
バター              4g
塩                 2g
こしょう             少々
サラダ油           大さじ1
A    カレー粉      少々
     トマトケチャップ  大さじ 2
     ウスターソース  大さじ 2
     おろしにんにく   少々
人参             40g
さやいんげん        4本
天ぷら粉          大さじ2
水              大さじ2
レタス            2枚

★ 作り方  ★
① なすは、皮をむき2つ割にして薄切りにして塩水につける。
しんなりしてきたら、水きりをする。
②玉ねぎはみじんきりにし、①のなすと一緒にバターで炒めて小麦粉を加え
更に炒めて塩・こしょうする。
③合びき肉溶きたまごと②を加えてよく混ぜ4等分にして小判型に形を作る。
④フライパンで、蒸し焼きにする。
⑤ハンバーグを取り出し、フライパンにAの調味料を混ぜあわせ水少々を加え
煮詰めカレーソースを作る。
⑥付けあわせの人参といんげんは5mmくらいの厚さ、7~8cmの長さに切り
爪楊枝で2つをさして、天ぷらの衣をつけて油で揚げる。
⑦レタスはつけ合わせにする。


子どもが野菜をなかなか食べてくれない時ハンバーグやカレーにいれこむのが一番
いいですね。
なすも子どもにとっては意外と嫌われものですが、なすは、油と愛称がいいので、しっかり
炒めてさましてから、混ぜ込むとおいしいですよ。
秋なすで試して下さい。
                                      食守  せんせい
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-09-30 18:37 | 料理レシピ

★めざせ野菜好き★

「好き嫌いはいつから始まるのだろう?」と思ったことはありませんか。
アレルギーは、体に異常があらわれるからすぐに分かるけどそれとは違いますよね。
d0122515_18144998.jpg

赤ちゃんには、本能的に好む味と経験によりおいしく感じる味があるそうです。
赤ちゃんは本能的に甘み、塩味、だしのうまみが大好きで、それぞれ体に必要なエネルギー、ミネラル、たんぱく質のサインとして察知するためと言われているそうです。
酸みや苦みは、腐敗や毒物のサインでもあるため、経験を重ねておいしいと感じることができる味覚だそうです。
赤ちゃんの時代に薄味で食べ物の本来の味を経験させ、味覚を育てて元気な体を育みましょう。

本日の子育て応援クッキングのお話は、身近な疑問から食事を見直すきっかけになったようです。
今日は野菜をたっぷり使ったクッキングに挑戦していただきました。
d0122515_18151364.jpg

離乳食に旬の野菜を取り入れてみてください。
また、離乳食のことでお悩みの方いらっしゃいましたらご連絡下さい。

                       食守3号
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-09-29 18:15 | はじめよう食育

ふっくら米粉パン

今年は台風の被害もなく稲刈りの時期を迎えることができ、豊作が期待できそうな中、JA西川登営農学級では『米の消費拡大を目指したい!』と佐賀農政事務所の協力のもと米粉パン教室が開催されました。
d0122515_18181191.jpg

米粉パンは、米粉にグルテンを加えた米粉ミックスを強力粉にみたてて作るパンで、外はパリッと中はふわふわ、消化吸収が緩やかとあって腹持ちがよいという特徴があります。
d0122515_18184054.jpg

作り方は基本的に通常のパン作りと同じみたいなのですが、参加者の方のお話では生地が小麦粉で作るよりやわらかいということでした。また、小麦粉で作るときは打ち粉など粉を振っておかないとくっつくと思うのですが、そういうこともなく扱い方はとても簡単というお話でした。
d0122515_181969.jpg

匂いはやっぱりお米が炊けたときの匂いですが、バターの香りと混ざってとてもいいにおいでした。

皆さん、簡単にできたので是非作ってみたいとの感想でしたが、まだ材料が手に入りにくいというデメリットがあるみたいです。お米を作っている皆さん、古米等でおいしいパンが焼けるみたいですのでご興味のある方は米粉パン作りに挑戦してみてください。
                               食守3号
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-09-26 18:16 | 広めよう食育
 武雄中学校の1年3組のこどもたちが、ニンジンづくりに取組んでいます。7月11日に生ごみを使って土づくり。暑い盛りでしたが、鼻をつまみながら汗びっしょりになってがんばってくれました。
 ようやく今日ニンジンの種まきにごぎつけました。初めて見るニンジンの種に興味深々の様子。5cm間隔でまいていきます。まきながらも「おまえんと。斜めにないようばい。」 こっそり1箇所に山盛りまいて、「実験、実験」 ・・・にぎやか。にぎやか。

d0122515_17444384.jpg



 芽がでるまでは水まき。その後は草むしり、間引きと農作業は続きますが、丸々としたニンジンができるまでがんばりましょうね。


                                           食守2号

 
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-09-25 17:46
9月19日に佐賀女子高武雄校舎の文化祭がありました。
食育についての展示コーナーがあり、お弁当について展示してありました。

d0122515_1801935.jpg


d0122515_187171.jpg

お弁当についてのアンケートをとられていて、実物のいろいろなお弁当の展示もありました。
お弁当は5種類展示してありましたが、どれもおいしそうなものばかりでした。
このお弁当は、朝早くから武雄市食生活改善推進員の皆さまが作ってくださったそうです。
「おふくろの味」という感じで、こんな弁当は嬉しいなー♪と思えるものばかりでした。
アンケートによると、高校生自身が作ってきている割合は少なかったようですが、是非こんなおかわいい弁当つくりに挑戦してみてほしいですね。
                                       食守 せんせい
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-09-24 18:10
キッズのための食育教室としてはじめた「きっず☆キッチン」教室の参加者を募集しています。

4歳から6歳くらいの子どもを対象にした教室で、実践型の調理体験や紙芝居やエプロンシアターを使った食育のお話会など楽しみながら食育にふれる機会です。
実施は、10月1日、10月15日、11月12日の3回コースです。
子ども達が調理をしている間、保護者の方はちょっとだけ手伝うサポーターという立場で接してください。子ども達の成長ぶりに心を躍らせることができるはずです。
d0122515_17543575.jpg

興味のある方は、お気軽にお申込ください。
お申込は、食育課(電話0954-23-9217)です。お待ちしています。
  
                                   食守3号
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-09-22 17:54 | はじめよう食育
  天候により、遅れていたニンジンの種まきが9月13日やっとできました。ずいぶん涼しくなって農作業もしやすい季節になってきました。寺子屋生も新メンバーが7名増えてさらにパワーアップです。
 ニンジンの種を等間隔にまいて、少し土をかけて足で軽く踏みます。子ども達は種の1粒1粒をそっとつまんで、丁寧に作業をしていました。
d0122515_181988.jpg


 その後は籾殻をかけていきます。
d0122515_1815360.jpg


 ニンジンの種まきのあとは山内町の「食の体験塾」でピザづくり。
d0122515_18111448.jpg


 炊き込みごはんやお味噌汁もいただきましたが、意外とおいしかったのは 茹でて塩味をつけたじゃがいもと玉ねぎ。子ども達もたくさんほおばってました。
d0122515_18113611.jpg


 次回は大根や小松菜など冬野菜の種まきです。


                                    食守2号



 
 
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-09-18 18:09
~九州農政局「しまかぜー食育アイランド通信」13号 より抜粋~
【食育一口メモ】
 「食料自給率が1ポイント増加して40%になりました」
 農林水産省が公表した平成19年度の食料自給率では、カロリーベースは前年度から1ポイント増加して40%、生産額ベースは前年度から2ポイント低下して66%になりました。
カロリーベースの1ポイントの上昇は、主食である米の1人1年当たりの消費量が61.0kgから61.4kgに0.4kg増加したことや、小麦、てんさい、ばれいしょ、みかんの収穫量が増加したことなどが自給率を押し上げる主な要因となりました。
 一方、生産額ベースの2ポイント低下については、野菜、米、牛肉や鶏卵の価格低下による国内生産額の減少などが主な要因となっています。
戦後、日本の食生活は、経済的な豊かさとともに大きく変化してきました。
 ごはんを中心とした日本型食生活は、栄養バランスも良く、又、国産農産物を食べることは、国内農業を支えることにつながります。私たちの健康や、世界の食料供給に不安な要因が生じている今、「自分にできることは何か」それぞれの立場で考え、できる事から始めてみませんか。
詳しい内容については、農林水産省ホームページをご覧下さい。

d0122515_1842532.jpg

自給率も上昇しましたが、2007年の合計特殊出生率も1.34で前年の1.32を0.02ポイント上昇、高齢者の平均寿命は過去最高、しかし、出生数は減り、少子高齢化の流れに歯止めはかかっていないようです。
敬老の日は、「老人を大切にし、年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」という主旨のもと兵庫県の野間谷村で始まったらしいのですが、元気なおばあちゃん「がばいばあちゃん」の住むまちだがらできる、元気たけおっ子育て高齢者の力を借りて子育てすることで住みやすいまちに変えていきましょう。

                       食守3号
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-09-17 18:00
敬老の日を前に、9月13日(土)おじいちゃんおばあちゃんと一緒に食育教室を開催しました。

おじいちゃん2名、おばあちゃん7名と子ども9名の18名の参加がありました。

子どもたちはレシピを見ながら、おばあちゃんに「人参の短冊切りの切り方はどうするの?」と聞いて一緒に野菜を切っていました。 
d0122515_17533354.jpg

また、元気君の一日すごろくを使って、一日の生活を見直すゲームやお箸遊びではチーム対抗の積み木並べレースを行って遊びながら食育体験を満喫していました。
d0122515_1754276.jpg


普段は一緒に暮らしていない家族も多く、おじいちゃんやおばあちゃんと二人で過ごす楽しい時間だったようです。
最後に、感謝の言葉をつづったメッセージカードを手渡して、少し照れくさそうでした。
          
                     食守3号

              
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-09-16 18:01 | はじめよう食育
 ただいま 橘町の南楢崎・北楢崎地区で2泊3日の通学合宿が行われています。
こどもたち小学3~6年生15人が地区公民館で寝泊りし、元気に学校に通ってます。

 初日は 西九州大学から学生5人が講師となり 食育講座と料理教室をしてくれました。

食育講座 「ランチョンマットを使ってバランスよく食べよう!」
d0122515_18131343.jpg

ランチョンマットに  主食、汁物、主菜、副菜 の絵を書いて 何を食べたらいいかを考えます。

料理教室では じゃがいもの皮むきに苦戦。保護者の方は手をださず、じっと見守ってくれました。
d0122515_18172066.jpg


本日のメニューは 元気どりカレー 野菜の信号機サラダ フルーツ白玉
d0122515_18185717.jpg


最後に問題です。 カレーは主食(ごはん、パンなど)、汁物、主菜(メインのおかず)、副菜(野菜、きのこなど)のどれでしょう。

   答えは 主食+主菜 です。
西九州大学の学生の皆さんお世話になりました。

                                   食守2号
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-09-12 18:24