「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

カテゴリ:料理レシピ( 79 )

いちご大福

今日は 『いちご大福』の作り方
d0122515_15354690.jpg


①あんこ(300g)でイチゴ(12ヶ)をそれぞれ包む。
②白玉粉(120g)と水(180cc)をあわせレンジで3分加熱して、とりだし混ぜる。
③さらにレンジに3分加熱して混ぜる。
④バットに片栗粉(80g)を広げて生地を(12ヶ)にわけ、①を包む。

イチゴが美味しい季節。水のかわりに牛乳を混ぜると、なめらかな生地ができるようです。
お試し下さい!   空豆
[PR]
by takeo-syokuiku | 2011-03-08 15:32 | 料理レシピ

七草がゆ

1月7日、お正月のご馳走で働きすぎた胃腸を休めるために・・・七草がゆ
d0122515_15303858.jpg

昨年、武雄保育所にお邪魔して【春の七草】を見せていただきました。
d0122515_1531034.jpg

今年も保育所のお友達、『七草がゆ』お腹いっぱい食べたかな~
私も今夜はおかゆにしようと思います。          食守サポーター
[PR]
by takeo-syokuiku | 2011-01-07 15:38 | 料理レシピ

クリスマス簡単レシピ

今日は クリスマスイヴ024.gif 
家にある調味料で、簡単・豪華(!?)なメニューをつくってみませんか049.gif
【いちごサンタ】①いちごを半分に切り、間にホイップクリームをはさみます。②チョコレートソースで顔をかいて、サンタさんのできあがり。③クッキーのうえにいちごサンタ、バナナをもりつける。
d0122515_15103071.jpg


【スープ】①コンソメスープをつくります(シチューでもOK)②カップにスープを入れる。③餃子の皮にバターを薄く塗り、カップにふたをする。④オーブンで焼く

※このスープ、餃子の皮がパイ風で子どもさんにも大人気でした!!お試しあれ~  空豆
[PR]
by takeo-syokuiku | 2010-12-24 15:12 | 料理レシピ

ふんわり 伊達巻

今日は寒くなりました。武雄は雪がちらついています。

お正月になると伊達巻を買って食べていましたが、今年は手作りにチャレンジ・・・038.gif
【材料】卵5個、えそ(白身)すりみ100g、砂糖 小さじ1、 みりん大さじ3、醤油 大さじ1/2、 片栗粉 小さじ1、 水 大さじ1
d0122515_12494371.jpg

【作り方】①材料をすべてミキサーにかけて型にながす ②160度のオーブンで焼き上げる ③巻きすで巻き、輪ゴムでとめて冷めたら切り分ける。
※すりみを→はんぺんにかえてもできるようです。
d0122515_12541878.jpg
お吸い物にいれるかまぼこも飾り切りをするとひと味ちがいますね006.gif 食守サポーター
[PR]
by takeo-syokuiku | 2010-12-16 12:56 | 料理レシピ

おせち料理

12月11日、武雄市文化会館にて出前講座が開催されました。
『おせち料理』いつもの味にちょっとひと工夫。アイデアをプラスした料理がならびました。
d0122515_9292381.jpg
もち米蒸し、干し柿とさつま芋、田作り、伊達巻、お吸い物

d0122515_9315318.jpg


干し柿にもひと手間・・・①干し柿は平たく半分に切る ②ふかし芋を短冊切り ③芋を干し柿ではさみ、切り口を見せて飾る
d0122515_9321671.jpg


みなさん、ちょっと早いお正月気分でいただきました。
   空豆
[PR]
by takeo-syokuiku | 2010-12-15 09:39 | 料理レシピ

ふうかぶりだご

さつま芋をサイコロ状に切って生地に混ぜ込んだものは「石垣だご」
先日、皆さんとつくった『ふうかぶりだご』は薄くのばした生地で、拍子切りしたさつま芋をつつんで蒸しあげたものです。
d0122515_10481942.jpg

【作り方】
①さつま芋は皮をむき、1~1.5cmの拍子切りにする。
②小麦粉200g、重曹(タンサン)5g、水100ccでといた すりみそ15gを加えてこねる。
③②の生地を適当な大きさにとり、芋を包む。
 (ポイント:芋が少しはみでて見えたほうが美味しそうに出来上がります!)
④クッキングシートを敷いて、蒸し器で15分ほど蒸して出来上がり!!
※時間がたつと芋と重曹が反応して変色しますが、食べられます。      空豆
[PR]
by takeo-syokuiku | 2010-12-07 11:01 | 料理レシピ

手作り点心 レシピ

手作り点心 えびシュウマイ・もち米蒸しの作り方
材料(20個分)
とり挽肉・・・160g、むきえび・・・120g、たまねぎ・・・120g、塩・・・少々、
片栗粉・・・小さじ2、醤油・・・小さじ2、中華味・・・小さじ2、酒・・・小さじ2、
餃子の皮・・・10枚、グリンピース・・・20個、もち米・・・適量、パセリ・・・かざり用
d0122515_1648455.jpg

作り方
①えびは皮をむいて背わたを除き、包丁でたたく。②玉ねぎは皮をむいてみじん切り。③調味料と①②をあわせ、混ぜる。④半分は餃子の皮でシュウマイの形に整え水でとめ、グリンピースをのせる。⑤半分は丸く整えて、もち米をまぶす。⑥蒸し器で30分蒸しあげる。

※赤い色つきのもち米をまぶして、紅白にするとお正月料理に出しても喜ばれそうです。
                                               空豆
[PR]
by takeo-syokuiku | 2010-11-26 16:59 | 料理レシピ

手造り味噌の仕込み方

日本人は味噌を味噌汁という簡便な食べ方で昔から食べてきました。
それは、ただ美味しくて栄養があるだけでなく、味噌にすごい力(がんの予防、二日酔いの解消、美肌効果、整腸作用など)があることを経験してきたから。
原料の大豆は、良質のタンパク質を豊富に含む食品で「畑の肉」と言われています。
d0122515_1036026.jpg

味噌2キロ 材料:米麹900g, 大豆730g、 塩220g, 水150cc
①ゆでた大豆を袋に入れて、大豆の形がなくなるまでよくつぶしてください。②米麹と塩をよくもみほぐしてから袋に入れてよく混ぜてください。③①でつぶした大豆に②の米麹と塩を入れ混ぜ合わせ、水をいれて再度混ぜてください。④混ぜたら樽(タッパー)の中に詰めて空気が入らないようにラップをして、蓋をしてください。これで出来上がりです。
d0122515_10424338.jpg

4ヶ月ほどご家庭で発酵、熟成させてください。直射日光があたらない所で保管。
※食べられるようになるまでは温度で異なります。美味しそうな香りがしていたら食べて下さい。カビが出てきたときは、その部分だけ取り除いてご使用ください。   空豆
[PR]
by takeo-syokuiku | 2010-11-19 10:22 | 料理レシピ
「つくって食べたいおばあちゃんのおやつ」レシピ本が完成しました!
12月4日(土)北方公民館にて「ふうかぶりだご・焼きだご」クッキング教室を開催!!参加者募集中です。
d0122515_14165917.jpg

d0122515_14175632.jpg

【しょうが糖】のレシピも紹介しています。
①しょうが(1キロ)は皮をむき、薄切りする(2~3ミリ、厚さはお好みで)
②新しょうがは1回、
古しょうがは2回ゆでる
(このゆで汁は捨てずにペットボトルや製氷皿等で保存)
③ゆでたしょうがを鍋に入れ、ひたひたの水をくわえ、砂糖(1キロ)をいれ火にかける
④水気が少なくなり、粘り気のある泡とツヤがでてきたら火を止め、火からおろしすばやく混ぜる。
⑤しょうがが離れて、砂糖が冷えて白くなるまで混ぜるとできあがり
※しょうがと砂糖の量は1:1
 ②のゆで汁は捨てずにおみそ汁や魚料理に使ったり、風邪予防にお湯割で飲んだり。
これからの季節にピッタリですね~是非、お試しください058.gif食守サポーター
[PR]
by takeo-syokuiku | 2010-11-10 14:49 | 料理レシピ

しょうが糖☆好評!

先日の「楽しい食卓応援キャンペーン」にて【しょうが糖】の実演・試食。
d0122515_1473774.jpg

d0122515_1475798.jpg
しょうがのゆで汁もお湯割にしてふるまいました。
少し肌寒い日でしたが、試飲された方が「飲んでしばらくしたら、手足の先がポカポカしてきたわ」
「家でも試してみよう」と好評でした。
             食守サポーター
[PR]
by takeo-syokuiku | 2010-11-09 13:53 | 料理レシピ