「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

おやつについて考えよう!

  日頃何気なく食べているおやつですが、こどもにとっては朝・昼・晩の食事の間の栄養補給です。考えてみれば、産まれたばかりの赤ちゃんは3時間ごとに母乳を飲みますよね。成長するにつれて、食事の間隔は開いていきますが、成長期の子供たちには食事と食事の間のおやつは大切です。
 スーパーにいけば、お菓子売り場はど真ん中にあって、色とりどりのパッケージのお菓子。大人だって、新製品をチェックして、買いたくなります。
 例えばポテトチップス大袋は 443kcal 。これはラーメン1杯に相当します。炭酸飲料500mlは 196kal。そして55gの砂糖が入ってます。これはシュガースティック5gが11本分。

d0122515_17574988.jpg


 今日おじゃました御船が丘小の5年生に同じ砂糖濃度の水を飲んでもらったら、「うぇ~甘すぎ!」正しい味覚ですよね。

小学5年生くらいであればおやつでとるエネルギー量は1日に必要なエネルギー量の10~15% の200~300kcalをめやすにしたいですね。

ではでは、食守先生おすすめおやつの一例をあげると
 ふかしいも(1/2本)132kal おにぎり1個 177kcal ヨーグルト 60kcal
りんご1個 95kcal

d0122515_17581366.jpg

 おやつのとり方についてちょっと考えてみませんか?


                          食守2号
 
 
 
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-12-08 17:48