「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

広めよう食育講座

広めよう講座で佐賀大学の小西准教授のお話を聞きました。

佐賀大学には、中国人の留学生も多いようで中国の話を交たり、色々なデータを示していただきながら「早ね・早起き・朝ごはん」の大切さをお話していただきました。

中国の学校は朝7時45分始まりだから、夜10時までに寝ている中学生が最も多いのに比べ、日本は8時10分始まりだから夜11時台に寝る子どもが多いようです。
篤姫展があっていますが、幕末~明治のはじめ頃の寺子屋では朝5時ごろから学習がスタートしていたようです。

寒くなる冬は、益々難しくなると思いますが「早ね早起き朝ごはん」を実践していきましょう。

                食守3号
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-11-05 19:13