「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

1日の食事の自給率

最近は、食料サミットが開催されることもあって、食料問題についていろいろ考えさせられることがありますが、九州農政局のメールに「1日の食料自給率」のことが書いてありました。

 朝食にご飯と豆腐の味噌汁、目玉焼きを食べたとします。
 この朝食のカロリーベースの自給率は65%です。
 自給率が低かったのは目玉焼きに使ったなたね油0%、卵11%、油揚げ13%、豆腐24%でした。
 昼食に、天ぷらうどんを食べると自給率は22%で、
 自給率が特に低かったのは醤油0%、あまエビ5%、うどん13%でした。
 夕食はレストランでバターロールとハンバーグを食べると、自給率は20%となり、
 自給率が低かったのは豚肉6%、牛肉12%、パン粉13%でした。
 この日の1日の食事の全体の自給率は35%となりました。

 現在の日本のカロリーベースの自給率は40%を割ってしまいました。確かに誰もが普通に食べるような食事でもこのような結果となります。いかにも日本的な食材である豆腐や醤油などに
おいても、原料の大豆を輸入に依存していることから非常に自給率が低いことに驚かされます。

d0122515_17554868.jpg

 皆さんも自分が食べた食事について少し考えてみませんか。今回の料理毎の自給
率を計算するのに使用した「クッキング自給率(料理自給率計算ソフト)」は、農林水産省HPから誰でもダウンロードすることができます。
一度試してみてください。

山や川があり、田も畑もまだ多く残っている武雄の豊かな自然。
地域の農産物を一番美味しい時期に食べられることに感謝して、今日の食事をいただきましょう。
                                  食守3号
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-06-05 17:36