「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

しゃぼん玉の歌

 こどもたちは本当にしゃぼん玉が好きですよね、ストローに息をそっと吹きこむとしゃぼん玉がふくらみ、虹色に輝いてみえます。ちょっと触れただけで壊れてしまうしゃぼん玉が運よく舞い上がっていく様子を見ると大人も嬉しくなってしまいますね。

 しゃぼん玉の歌は 詩人 野口雨情が大正11年に発表したもので、一説には生後まもなく亡くなったわが子を思い作詞したものとも言われています。
 こどもを思う親の気持ちはいつの時代も変わらないものですね。いのちの大切さをこどもたちに伝えていきたいものです。

  しゃぼん玉とんだ
d0122515_17391763.gif     屋根までとんだ
     屋根までとんで
     こわれて消えた

     しゃぼん玉きえた
     飛ばずに消えた
     うまれてすぐに
     こわれて消えた

     風風(かぜかぜ)吹くな
     しゃぼん玉とばそ
 

                                          食守2号


    
[PR]
by takeo-syokuiku | 2008-01-29 17:44