「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

ほら、ちょっと「もー」ってしてみて!「もー」!

子どもに
「もーってしなさい。もーって」
って言うけど、なんで「もー」って言うんだろう?039.gif056.gif
「もー」って言ってお尻を見せる?差し出す?突き出す?
行為を「もー」って言うけど

小さな子どもに対して親が確認する時に使う言葉だけど
その「もー」はどこから生まれたんだろう?
だれもが子どものときに言われた言葉。
おトイレ上手に出来た証拠を表す行動。

ググッてみましたがグーグル先生にもわからないこともあるようで・・・027.gif
果てしなくどうでもいい激しくもない議論を午後しておりました。017.gif
おかげで「もー」を連呼(笑)037.gif


食育課は今日も平和です。072.gif
どうも、ピチピチです。041.gif



はてさて、先日もらったイチゴとても美味しかった
d0122515_16201382.jpg

好きな食べ物はイチゴ!016.gif
ありがとう、M原さん!

ここでイチゴについて説明しよぉーう!
イチゴはビタミンC、葉酸、食物繊維の宝庫。
またキシリトールやフラボノイドなどの抗酸化物質たっぷり含んでいるます
風邪予防や生活習慣病や高血圧の予防、むくみ解消効果が出来ます

つまり・美容にいい!\(^O^)/072.gif

実はイチゴはとっても歴史がながぁーいのです058.gif
野生のイチゴは石器時代からヨーロッパ、アジア一帯で食べられていましたが、
現在のようなイチゴが栽培されはじめたのは200年ほど前だとか。026.gif

南アメリカから持ち込まれた品種と、北アメリカから持ち込まれた品種が
自然交雑したものといわれています034.gif

日本には江戸時代の終わり頃に伝わりましたが、そのときには定着せず、
その後明治32年頃にフランスの品種が導入されたことで本格的な栽培が始まりましたとさ。

わたしたちが普段食べているイチゴは
バラ科オランダイチゴ属という分類026.gif

私たちが普段、果実だと思って食べている部分は、「花托(かたく)」と呼ばれています。058.gif
表面のツブツブがイチゴの実。
本当の果実は種だと思っているゴマ粒状のもの「痩果(そうか)」と呼ばれるもので、この中に1個の種が入っているそうです。
このような果実のように見えて、じつは果実ではないものを「偽果(ぎか)」と呼んでいます。

d0122515_1647143.jpg

d0122515_17151385.gif

半分に切って見える白いすじが表面のツブツブにつながっているんです。


今度イチゴを食べる時に
豆知識程度になったかな?037.gif056.gif



おーまーけー060.gif


今日のおまけは隣のM宅さんからもらった
「黒ん坊」006.gif049.gif

d0122515_16591696.jpg

実は私これはじめて食べました~043.gif
なんでも武雄で黒ん坊といったらコレ!だとか037.gif
しっかりした生地にサクサクの黒砂糖がからんだ
とっても美味しいお菓子でした016.gif053.gif


今日、係長が私の頭の上に小分けにされたチョコをのせて遊んでいた037.gif
1個のせて、2個目をのせて・・・
たまに、ものすごく少年にもどる係長なのであった。


~完~
[PR]
by takeo-syokuiku | 2013-04-05 17:41 | どうでもいい話