「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

春やさ~い、食べやさ~い。

「筋肉が痛みマッスル・・・」
今日の家電係長の一言015.gif
なんでも先週土曜日、
有名なトレーナーの先生が武雄にお見えになり
バランスボールを使ってのレッスンを受けたらしく(敏腕課長も)、
全身筋肉痛とのことです(腹筋が特に)037.gif
d0122515_13203710.jpg

笑うと「痛っ007.gif」とおっしゃるので、
今日の目標は
50回くらい係長をわらかそう
と思います。
(体内年齢24歳!と言われたそうです!すごいね)

さてさて。
\(^0^)/マンモスうれP~053.gif
桜前線、
例年より超特急で進んですみたいですね056.gif
(31日にお花見予定なのですが、それまでもつかしら039.gif)

春においしい野菜
アスパラ、
春キャベツ、
グリーンピースなどの豆類、
ごぼう、
春じゃが、
タケノコ・・・などたくさんありますが、
今回ご紹介するのはコレ!
新たまねぎー!!
d0122515_1326524.jpg

一般的な玉ねぎは、日持ちをよくするため収穫後1カ月ほど乾燥させて出荷するのですが、
新玉ねぎは収穫後にすぐに出荷されます。
水分が多く含まれているため、みずみずしく辛みが少ないのが特徴034.gif

玉ネギのツンとするにおいや辛み、
調理するときに目にしみる原因は・・・
硫化アリルという成分のしわざ027.gif

でもこのアリルの野郎、
すごい効果があるらしいです。

・体温を上昇させ、新陳代謝を活発に
・血液サラサラ
・発がんの抑制
・動脈硬化の予防
・殺菌作用   などなど。

でね、今回、
ピチピチの家でできた新玉ネギをいただきましたの~070.gifワーイ♪
ヨシノがここ数年、お気に入りの新玉レシピ072.gif
レンジでチン♪の簡単メニュー049.gif

【材料】(2人分)           【作り方】
・新玉ネギ  2個          ①新玉はヘタをおとして皮をむく
・ポン酢   適量          ②食べやすい大きさにざく切り
・マヨネーズ 適量         ③耐熱皿に入れてラップして5分加熱
・かつおぶし 適量          (ヨシノは新玉2個を500Wで4分やった)
                     ④レンジから取り出し、水気をきる(やけど注意!)
                     ⑤ポン、マヨ、かつぶしかけてお食べなさい
d0122515_1329534.jpg

※うちで撮った写真、自宅に忘れました。(この画像、クックパッドより拝借)
玉ネギとっろとろ012.gif
チーズやベーコンでアレンジもできそう~




こんな簡単レシピ、いつやるの?
d0122515_13314770.jpg

ってことで(本ブログ2回目の登場、林先生037.gif)
ちなみに、林先生の奥さま超かわいいそうです010.gif

レンジでチンの新玉レシピ、お試しくださいね029.gif


でもせっかくの新玉。
ぜひ生食で食べていただきたい!by栄養士ピチピチ


~新玉の選び方!~
072.gif表面につやがあり、硬く締まって、ずっしりと重いもの

~新玉の保存の仕方!~
072.gif新玉ねぎは水分が多いので日持ちがしません。
  買ってきたらビニール袋に入れて冷蔵庫で保存し、できれば2~3日のうちに食べきる。

~なるほど!食べ合わせ講座~
肝臓病の予防 
  玉ネギ+シジミ(ほか鶏肉・レバー・チコリー)
糖尿病の予防、肥満防止
  玉ネギ+ごぼう(ほか大根・アサリ・カレイ)
高血圧予防、心筋梗塞予防
  玉ネギ+セロリ(ほかきくらげ・えのきだけ・じゃがいも)
がん予防、ストレス解消
  玉ネギ+トマト(ほかオクラ・ピーマン・いちご)


冬は新陳代謝が鈍り、脂肪や毒素が体内に溜まりがち
          ↓
体内に毒素や老廃物が多くなると、水分を溜め込んで代謝が低下
          ↓
      便秘や冷え性(きゃーこわい002.gif)

そんな症状を一掃し、
冬の間溜まっていた毒素や老廃物をデトックスしてくれるのが、
春野菜056.gifなのですよ~
春野菜には強い香りや苦味を持つものが多いのですが、
この香りや苦味は、
毒素や老廃物を排出するためには欠かせない成分!

春野菜を食べて春の体へと衣替えしましょう045.gif
では、またね。




にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村




「年金対策にマンション買いませんか?」の
営業電話がありました030.gif
「お声からすると、20代のお若い方ですね?」と聞かれ、
はい017.gif」と元気よく答えちゃいました037.gif
[PR]
by takeo-syokuiku | 2013-03-25 13:46 | 旬のモノを食べよう