「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

生姜で温まりましょう

今朝の武雄は冷えました。こんな日は、生姜飴、生姜糖、葛湯、冷やし飴(飴湯)、生姜紅茶など生姜を使った、飲物や料理を取り入れてはいかがでしょう。

香辛料としての使われ方が多い『しょうが』。
日本料理では、すりおろし、千切り(針生姜)、刻んで。冷奴、素麺、アジの寿司やたたきなどに生姜は欠かせない薬味とされています。
魚や肉料理の臭い消しとしても多用され、煮物、炒め物、スープに薄切りしたものを加えるなど。
d0122515_11211740.jpg
欧米ではジンジャークッキー、ジンジャーブレッドなどの焼き菓子にも用いられる。

ショウガの根茎を食べるものとして、生姜の甘酢漬けや梅酢で漬けた紅生姜があります。甘酢漬けは寿司と共に出され、ガリと呼ばれる。紅しょうがは、細かく刻んで焼きそば、たこ焼きなどに加えたり、ちらし寿司、牛丼などに添えられますね。

ショウガの芽を湯通しして甘酢に漬けたものを、はじかみあるいははじかみ生姜という。焼き魚等に彩りや口直しとして添えられる。

ショウガの根茎は生薬として、中国では紀元前500年頃から薬用として利用されてきました。
発散作用、健胃作用、鎮吐作用があるとされ、寒気を伴う風邪の初期症状の治療に使われています。

また、生姜を加えた葛湯は、身体を温めて、免疫力を高めるため、これからの季節にぴったりのようです。063.gif空豆
[PR]
by takeo-syokuiku | 2011-10-28 12:03 | 料理レシピ