「食育」、「食」に関するブログ。のはず。

by takeo-syokuiku

端午の節句

5月5日の子どもの日を「端午の節句」といいますが、「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも呼ばれるのをご存じですか? 
d0122515_10131969.jpg
この時期に花を咲かせる菖蒲の長い葉は、強い香気があるので、この香りの強さが不浄を払い、邪気を遠ざけてくれるといわれています。


また「菖蒲(ショウブ)」は、「勝負」や「尚武」に通じることから、江戸時代から男の子の出生を祝って、端午の節句に菖蒲湯に入ることが習慣になったといわれています。

菖蒲湯にはアロマセラピー効果も。
お母さんやお父さんの、心身リラックスも期待できそうです。

子どもの日は親子で菖蒲湯の風呂を楽しむ、なんていうのもいいかもしれませんね。 
食守サポーター
[PR]
by takeo-syokuiku | 2011-05-06 09:40 | 広めよう食育